真壁です。こんぬつわ。

これまたふんわりとしたタイトル付けてしまいましたが・・・。
なんのことかというと、今朝、嫁とモーニング食べに出掛けてたときに以下の記事について話題にしてまして


なんかこの記事について、コメントで批判的な意見が結構寄せられてるそーで。
(ぶっちゃけ、私も流し読みしかしてませんがw)

嫁は「どうして赤の他人のことにそんなにケチ付けられるんだろう」と言ってまして、それは私も大変同感でした。
ただまぁ、ニュースサイトのコメント欄も、SNSも、インターネットというものは得てしてそういうものだとも思っています。

しかし・・・ 仮に、私自身がそのケチ付けられる側の人間だったとしたら、やっぱりいい気持ちはしませんよね。
だって、環境を大きく変わるような行動するのって、勇気も覚悟もいるし、本当にある意味で賭けな部分あるじゃないですか。
それは、成功しようと失敗しようと、はたまた結果が出るのが数年先だとしても、とても凄いことであり、尊重されて然るべきです。

だから、タイトルに書いたとおりに「何事も選択した当人にしか本当の結果は分からない」と声を大にして言いたいと私は思いました。

とは言っても、上に書いたとおりにネットはそーゆーものですw
あと、これは私の持論なんですけど、人って何か「自分の選択を正しいと肯定したい」って部分があると思ってまして
それから逸脱したところで活き活きとしている相手を見ると、否定せざるを得なくなってしまうんじゃないかなーと考えています。
それこそ、理不尽にひたすら耐えてきた人ほど出てしまう、自己防衛的な反応として。
私自身にもそういう面、少しはありますし・・・。(企業戦士ですから!)

具体的には、
「苦節云十年、俺は会社で出世して立派にやってる!」 → 田舎で自由気ままに自活してます★ → 「なんだこの社会のはみ出し者は!けしからん!」
ってな感じなんじゃないかなーと。勝手な推測ですが。

他人の価値観や選択、少しでも広い心を持って接してゆけたらなーと思います。
真壁でした。