どうも、真壁です。

 

午前中に実家に顔出したとき、母親がちょっとこっちに来いと呼ぶので

あとについて別室に行くと、そこは色んなものが置かれた物置状態の部屋。

どうやら、私のゲーム機やゲームソフト類を処分したいが

どれが捨てていいものか教えてほしい、とのことでした。

 

ハードとしては『スーパーファミコン』や『ニンテンドー64』

他に『セガサターン』や『ドリームキャスト』が置いてありました。

(初代の『ファミリーコンピューター』や『プレイステーション』、『プレイステーション2』、『プレイステーション3』、『X BOX』もあるはずですが、また別のところにあるのか・・・謎。)

 

ソフトですぐそばに置いてあったのは、ほとんどが『スーパーファミコン』のカセット類。

かなりある。小学生ぐらいのときは、こいつがメインのハードでしたからね・・・。

 

名残惜しいし、いつかまた遊んでみたいとも思いますが

きっと、もし立ち上げてみたとしても

「なつかしー!」とか言いながらも、速攻飽きて電源を落とすのが目に見えています。

娯楽がいくらでもあって、消化しきれないくらいの今ですから

本当の意味で、これらで遊ぶことはもう二度とないでしょうね・・・。

 

母にはテキトーに中古ショップにでも持ってってくれるように言いました。

「自分で売ってくれば」とは言われましたが、手放せない病の私には無理ですw

知らんところでひっそりと捨てられるか、売られるくらいが良い。

・・・いや、本当は自分で片付けろよ、って話なんでしょうけどwwww

 

まぁ、なんやかんやこのまま残しといてくれるとしたら

そのうちに昔を懐かしみながら、もはやレトロゲームを楽しんでみるのもいいかもしれません。

やっぱ、ゴミにしてしまうのは忍びないのです。

 

今までもこれからも、ゲームとは切っても切れない人生。

真壁でした。