どうも、真壁です。

 

また一つ、仕事の波を乗り切りました・・・。

ベテランの人にとっては結構余裕そうな案件。

ただ、私にとっては常にいっぱいいっぱいの苦しい戦いでした。

 

力不足は重々承知で、どれくらいプロジェクトの役に立てたのか

それは分かりませんが・・・。

下手したら、足引っ張るお荷物でしかなかったかも?

根がネガティブなので、そんなことばかり考えてしまいます。

 

ただ、私自身は出来る限りを尽くしました。

なんとかギリギリで踏ん張ってやりましたよ!

・・・評価はどうあれ、自分的には満足ですw

 

今までやってきた仕事でもでしたが

ハードな修羅場を乗り切った後って

なんとも言えない達成感がありますよね。

『もうこんなことやらねーぞ!』って思ったりもしますけどw

 

仕事に限らず、学生時代の部活でもそう。

同人活動での作品づくりもそう。

やり切った後の充足感、こればかりは何物にも代え難いです。

 

無理しない生き方を第一に考えると

苦しいことや辛いことからはすぐにでも逃げるべき。

ただし、やっぱりすべてから逃げ続けることは出来ないわけで

自分で選んだ道を歩む過程で、行く手を阻む障害については

やはりある程度、覚悟を決めて戦わねばなりません。

その道こそが、私にとっては『エンジニア道』だったわけです。

 

・・・さて、次はどんな戦場が待っていることやら。

 

戦うミジンコエンジニア、真壁でした。