どうも、真壁です。

 

国が未曾有の危機的状況。

それに伴って、不安のためかネット上で見掛ける意見から

今まで以上に寛容さが失われている気がしてなりません。

他者を批判すること、大袈裟に言うならば

『攻撃』に躊躇いがないとでも言いましょうか。

 

確かに配慮が足りないものや不謹慎なものがあったとき

不快に思う人は多いのでしょうが

そういうときに自分の『正義感』を盾に言いたい放題。

しまいには、関係ない人にまで「擁護している!」と攻撃しだす始末。

そういう人がそこら中で目に付きすぎる。

 

なんていうか・・・世の中に期待をし過ぎているのかなと

邪推してみたりしていますが。ゴニョゴニョ。

 

いずれにしても、こういう過去に例のない状況においては

正しい答えなんて誰にも分かりませんからね。

そんな中、最前線で戦う人たち

特に、難しい決断を迫られる各行政の長の方々については

ホント尊敬の念しかありません・・・。

 

例の如く、抽象的なことばかりで分かりづらくて申し訳ないです。

ただ、最終的には自己防衛するしかないんです。

国や地方自治体だって、全ての人が満足する補償なんて

到底出来るはずないと、私はそんな風に思っています。

・・・実際のところなんて知りませんが

そう思ってるくらいの方が精神衛生上いいですから。

最初から期待すんな。

 

とにもかくにも、いつでも寛容な心を忘れずに

これからも精一杯生き抜いていきたいと思います。

真壁でした。