どうも、真壁です。

 

私は周囲から「安定している」と言われていた

某団体職員から数年前に転職しました。

そのときから思っていたこと。

 

「会社に依存して、安心し切っている考えがそもそも危険」

 

・・・その某団体も、確かに滅多なことでは潰れないでしょう。

ただ、年々苦しい経営になっていることは間違いなく

今も働いている元同僚たちも、とても大変そうです。

まぁ、この辺の話は置いておくとして。

 

今回のコロナ禍、誰が予測できたでしょう。

地震や台風などの天災と同様に、あり得るリスクとしては

誰しも一度は考えたことはあるかも知れませんが

まさか、これほどまでに世界中の経済が脅かされる程の

パンデミックが現実のものになろうとは予想だにしませんでした。

 

これにより、かなりの企業が大きな打撃を受けることは間違いなく

勤める会社に骨を埋めるつもりだった人ですらも

仕事を失う・・・なんてことも起こり得るでしょう。

 

つまり、安定してると思っているとしても

多かれ少なかれ、誰しも間違いなくリスクを抱えていて

一寸先は闇。明日がどうなるかなんて分からないのです。

 

ともするならば、出来ることはリスクヘッジ一択!

現状にあぐらをかかず、複数の武器を持つことです。

武器とは、知識・技術・資格・副業・・・なんでもいいです。

いざ、自分が投げ出された身になったときに

何のスキルも無いままに路頭を迷わないためのもの。

いわば、転ばぬ先の杖です。

 

ほんの少しだけ、自分を見つめ直してみませんか。

何が起きるか分からない、これからの未来を生き抜くために。

 

真壁でした。