どうも、真壁です。

 

土日は色んなアニメやドラマを観て過ごしました。

そんな中で、『吉田茂』を題材にしたドラマが

放送されているのを観ました。

『アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理吉田茂〜』

というドラマです。

 

GHQ占領下の日本が、再び独立するまでに

吉田茂が奮闘する様が描かれたストーリー。

ときに重大な決断を迫られる立場の政治家は

今も昔も、大変なんだなぁと感じました。

 

現代だと、直近では新型コロナウイルスへの対策とかですね。

政府も各自治体も、ギリギリのところで必死です。

それでも、ちょっと匙加減を間違うとすぐに袋叩き。

まぁ・・・それが政治の必然ではあるのかもしれませんが・・・。

失敗が許されない、責任重大な役目ですからね。

 

それでも、そういう重大な決断をし続ける人たちへの

尊敬の念は決して忘れないようにしなければと

改めて考えさせられました。

 

政治家だって、一人の人間です。

 

真壁でした。